最近X-T20使ってないんだよなぁ…

カメラ

X-T20ユーザーの皆さん最近どうですか??

どうですか?って聞かれても困りますよねw

散々オススメです!とか言っときながら最近全然X-T20を使わなくなってきました。

FUJIFILM X-T20は絶対に買いだね!

2018.03.18

【FUJIFILM X-T20】まだ購入して10日しか経ってないけどレビューしちゃう!

2018.03.11

僕は今年の3月1日に所有カメラをFUJIFILM Xマウントに全て統一してX-H1とX-T20を愛用している運びになっています。

いつでも持ち歩けるカメラとして購入したX-T20でしたが、なぜだか最近あまり持ち出さなくなっているんです。

どこか出掛けようかな、と防湿庫からサッと取り出すカメラはいつもX-H1になっている今日この頃なのです。

あれだけ小型のカメラを必要としていて気に入って使っていたのに一体なぜX-T20を使わなくなってきたのか?

今回の記事はこの辺を書いていきたいと思います。



なぜ持ち出さなくなったのか?

何となく心当たりがあるのでいくつか書いてみましょう。

・所有欲が満たされない

・ボディはコンパクトだけどレンズを付けると意外に嵩張る

・そもそもフラッとしたお出掛けをしていない

・X-H1が良すぎて差を感じてしまう

こんなところでしょうか。

X-T20からすればX-H1と比べられたらたまったもんじゃないと思いますが、一応ユーザーなので言いたい放題言って掘り下げてみたいと思います(´∀`=)

 

所有欲が満たされない

これはねぇ… これ言っちゃうとX-T20さんに失礼なんですけど、やっぱり所有欲が満たされないんですよねぇ…

そりゃ当然ですよ、分かってて買ったんです、X-T20は僕の所有欲を満たすために開発された訳ではないんですから! 当然です!

でもねぇ…なんかそれとはちょっと違う気持ちなんだよなぁ…

このちょっと違う気持ちはあとで説明します。

 

ボディはコンパクトだけどレンズを付けると意外に嵩張る

ここなんですよ、僕が所有しているレンズは全部で7本

 

XF10-24mm F4.0

 

XF16-55mm F2.8

 

XF18-55mm F2.8-4.0

 

XF50-140mm F2.8

 

XF23mm F2.0

 

XF35mm F2.0

 

XF50mm F2.0

このラインナップだといくらボディがコンパクトでもやはり突起しますよね。

 

XF18mm F2.0

 

XF27mm F2.8

この辺を揃えれば携帯性に優れていそうだが、あまりフジノンレンズの初期型を使用したことがない僕としては抵抗有り有りなんですよねf^_^; コンパクトなら何でも良い訳ではないので。

レンズの評価を見てもフジノンレンズにしては良くない方だし。

やっぱり憧れのX100Fの出番かなぁ…

そもそもフラッとしたお出掛けをしていない

これはホントそうなんですよ。

最近フラッと子供連れて公園に行くとかやってなくて、ブログに載せるために撮影したりX-H1を使いこなしたいという思いが強いから、つい手を伸ばしてしまうのかもしれません。

 

 X-H1が良すぎて差を感じてしまう

これも当然のことなので言うまでもないのだが、これが結構致命的なんですよね。

X-H1はボディ内手ブレ補正機能があるじゃないですか、それに依存してしまうと他を使っていても違和感を感じてしまうんですよ。

まだX-T2を使っていた頃はXマウントに手ブレ補正機能が非搭載ってことが常識だったので何とも思っていませんでしたが、今となっては辛いです。

はっきり言ってX-H1は飛び抜けて素晴らしいカメラ過ぎるんです!

大きいとか重いとかそんなレベルじゃなくて現状Xマウント最高傑作のクオリティではないでしょうか。

危ない!危ない!X-H1を絶賛する記事になってきた(≧∀≦)



X-T20の画質に違和感がある

使わなくなった最大の理由はこれです。

画質に差を感じないように同じセンサー同じ画像処理エンジン搭載のマウントに統一したのに明らかにX-H1とX-T20の画質は違います。

カメラ内の設定類はX-H1 X-T20共に同じ設定に合わせてあるはずなのに明らかに違うんですよ。

X-H1ユーザーさんなら僕と同じ気持ちを感じているんじゃないでしょうか?

誰かどうしてこんなことが起こるのかメカニズムを知ってる人がいたら教えて下さい!

この画質や発色の違いを感じてしまうと使っていてもX-H1ならな…とX-T20に対してネガティブになってしまう訳です。

 

今後X-T20とどう向き合っていく!

一度失った信用を取り戻すことはなかなか出来ません。

僕の中でX-T20では今後もイメージした写真が撮れる気がしないのが本音です。

先日アウトドアイベントに参加してきたのですが、はりきってX-H1とX-T20を持っていきましたがX-T20の出番はほとんどありませんでした。 2泊3日で写真枚数3枚って…(笑)

なぜ違和感を感じるのかを考えてみた時思うことは、レンズ交換式カメラだからX-H1と同じレンズを使えてしまうが故に感じる違和感なのでした。

今僕が一番信用しているマストレンズはXF16-55mm F2.8 なんですが、X-T20につけて撮影してみても若干写りが悪い感じがします。

色乗りが悪いような…なんだかパッとしない写真を量産してしまいがっかりしてしまいます。

微ブレ? デフォルトでWBが違うのかな? あぁ…なんでなんだろうか…

 

まとめ

僕は今X-T20の使い方に混乱しています。

マウントを統一すれば全ては解決すると思っていたのですが一筋縄では上手くいかないのがカメラ業界のようですねf^_^;

今すぐにとは言えないけど、何か対策を考えないと防湿庫の肥やしになってしまいそうです。

この結果を経て、X-H1がいかに優秀でいかに素晴らしいカメラなのかを改めて感じさせられた結果となりました。

 

【X-H1関連記事もぜひ読んで頂けると嬉しいです】

【FUJIFILM X-H1】X-H1を買って良かったと思うこと、悪かったこと思うこと。

X-H1購入とレビュー その1

FUJIFILM X-H1で難攻不落の小田原城を撮ってきた!

FUJIFILM X-H1で福島の春を撮ってきた!

 

とにかくね、X-H1はAPS-Cミラーレスカメラの中で現役最強だと思いますよ!

※ボディがあんだけデカいんだから当然かf^_^;w

でもね、お世辞抜きでヤバイ!

まだ動画はまだ全然使いこなせていないけど、スチールはかなり自分のものになってきてて本当にヤバい!

X-H1最高〜

みんなX-H1で写真撮りましょう〜!

 

 

では。



ブログランキングに参加中です。
よろしければポチッとお願いします。

カメラランキングを見る