寿命が3年縮んだ日【キャンプ編Part II】

アウトドア

 

みなさんは本当の恐怖体験をしたことがあるだろうか。
 

笑い事じゃない

 

本物の恐怖体験

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

アンビリーバボー

 

 

 

 

 

 

 

 

 

人肌恋しい真冬の夜に…

 

 

 

 

 

 

 

僕の寿命は推定3年

 

 

 

 

 

 

 

 

縮んだ。。

 

 

笑いナシ、感動ナシの恐怖体験記事

 

 

 

 

怪演

 

 

 

疲労

 

 

これは2018年12月の出来事。

 

僕は疲れていた。

 

忙しい毎日。

 

仕事、仕事、仕事、、、接待、仕事、そしてまた接待と。

 

 

社会人になり早22年、ここまで忙しい日々を送ったことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

趣味を絶ち友人との予定は全てキャンセル。

 

家族とのコミュニケーションもままならぬ毎日。

 

朝早くから働き、夜遅くに帰ってくる。

 

これぞまさに貧乏暇なし

 

こぼれ落ちる言葉はいつも…

 

 

 

 

 

 

 

『あぁ…  疲れたぁ…』

 

 

 

 

 

 

 

 

そして遂に。

 

 

 

僕は決心した。

 

 

 

 

 

 

『よし!キャンプへ行こう!』

 

 

 

 

 

限界を超えた。。

 

 

常軌を逸した激動の日々に、僕の心は完全に蝕まれ… そしてまた恐怖の館へと…

 

誘われたのである。

 

 

 

 

これは以前にも経験した有給休暇をいただいてのキャンプ、もう最悪のシナリオはここから始まっていたのかもしれない。

寿命が5年縮んだ日【キャンプ編】

2018年2月4日

 

慰安

 

 

 

冬のキャンプは僕が最も好むシーズン。

 

 

どのキャンプ場に行こうか…

 

 

数日前から考えてはいたが…全く浮かばない。

 

 

そもそも久々のキャンプ。

 

 

久々の休日。

 

 

もうキャンプ場なんてどこでもいい。

 

 

行き当たりばったりで良いっしょ〜

 

 


そんな上機嫌の僕には、後に起りうる恐怖体験を…

 

 

この時はまだ…

 

 

 

 

 

 

 

知る由もなかった。。

 

 

 

 

発見

 

 

 

比較的キャンプ場が密集している地域に向かう。

 

 

 

クルマを西へ西へと走らせて山をどんどんと登っていくと古びたキャンプ場の看板を発見。

 

 

 

ここにしよう。

 

 

なんの疑いもなく、なんのためらいもなく僕は恐怖の館へと入っていった。

 

 

 

 

 

 

 


『すいません、予約とかしてないんですけど今日って一泊大丈夫ですか?」

 

 

管理人
『あぁ… まぁ… 別にいいですけどぉ…』

 

 


『じゃあ大人一人でお願いします』

 

 

管理人
『分かりました、ちなみに本日私は16:00ぐらいから居なくなりますので、どうぞご自由にお使いください』

 

 


『あ、分かりました。』

 

 

管理人
『それと… 一応明日の8時頃には戻る予定なんですが… それまではゲートを閉めておきますのでご了承ください』

 

 

 

 

 

 

 

 

なんか無愛想な管理人だった。

 

 

やる気が無いというか…

 

 


めんどくさそうというか…

 

 

『あぁ…なんか気分悪いなぁ…。』

 

 

苛立つ気持ちを抑えながらも、お洒落なフィールドの雰囲気に…まんざらでもない自分がいた。

 

 

 

 

 

満喫

 

 

 

辺りには薄っすらと積もった雪がある。

 

 

極寒の東北の夜はどんなものなのだろうか…

 

 

ほんの少しの不安、大きく膨らむ久々のソロキャンプに僕の心は浮かれていた。

 

 

そうだ、、僕の奥底で眠っていた少年時代の心が蘇えっていた。

 

 

 

 

 

辺りにはたくさんの落ち葉、メインシーズンには賑わっていたであろう…今どきの飾り付け。

 

 

写真映え、動画映えしそうな癒しの空間。

 

 

静かに流れる小川。

 

 

誰も居ない独特な世界。

 

 

切なさと楽しみの境界線。

 

そんな久々のキャンプに、疲労困憊の僕の心身は少しづつ癒されていくのを確実に感じた。

 

 

 

勇者

 

 

 

ある程度ソロキャンプも経験した。

 

 

 

寿命が縮むほどの恐怖体験もした。

 

 

 

ちょっとやそっとのトラブルには動じない強靭なメンタルとスキルが僕にはある。

 

 

 

いや、言い過ぎた。

スキルはどこにもないm(_ _)m

 

 

 


まぁ、ドラクエで例えるならばLv23ぐらいの勇者ではあるだろう。

 

 

そうであってほしい。

 

 

 

勇者chakkanなら難なく熟せる普通のキャンプ場。

 

 

 

危険も無ければ警戒の余地すら要らない普通の、ごくごく普通のキャンプ場だ。

 

 

 

ギアは完璧、予備品も万全、

 

 

 

 

 

 

 

「こっちはいくら金かけてると思ったんだい!」

 

 

 

 

 

 

 

これこそが初心者キャンパーだった頃とは比べものにならない圧倒的経験値。

 

 

 

他を寄せ付けない強靭なメンタル。

 

 

 

そして仕事に疲れきったダラシないフィジカルが僕にはあった。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ〜 神は二物を与えず(T . T)

 

 

 

 

 

 

 

 


そんな… 自分でも引いてしまうほどの溢れ出る自信は…ある出来事から一変する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知らぬが仏だった…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一本の電話。

 

 

 

 

 

 

 

この電話こそが、後に勇者chakkanを奈落の底へと突き落とす、まさに史上最悪のシナリオの始まりとなったのである。

 

 

 

 

焚火

 

 

 

辺りは完全に暗くなった。

 

 

 

相変わらず誰もいないフィールド。

 

 

 

別に嬉しくもなければ寂しくもない。

 

 

 

薄暗くなれば当然始まるキャンプの醍醐味

 

 

 

それが焚き火。

 

 

 

 

 

 

 

 

揺れる炎を眺めながら、ゆっくりと精神を整える。

 

 

 

激流に飲み込まれていた僕自身。

 

 

 

大人として、親として、社会人としての責任。

 

 

 

逃れられない厳しい現実の中で一瞬でも逃避できる唯一無二の遊び、それこそが焚き火。

 

 

 

時間を忘れ、疲れを忘れ、燃やしていく一本一本の薪になにか願いでも込めるかのように… 僕はただひたすらに焚き火を続けていくのであった。

 

 

 

そう…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薪に願いを。

 

 

 

 

 

 

驚愕

 

 

 

どれくらい焚き火をしていたのだろうか。

 

 

 

無心になって焚き火を楽しんでいると友人から一本の電話。

 

 

 

 

 

 

 

 

友人『 何やってんの?』

 

 

 

勇者『 今ソロやってるよ』

 

 

友人『 いいねぇ〜』

 

 

勇者『 最高だよ』

 

 

友人『 今日はどこでやってんのよ?』

 

 

勇者『キャンプ場の名前は分かんないんだけど、場所は○○辺だよ』

 

 

友人『 はッ? マジで!?』

 

 

勇者『 えッ? なに??』

 

 

友人『そこってまさか◯◯キャンプ場じゃないよね?』

 

 

勇者『あ、そうかも! なんで!?』

 

 

友人『い、いや…  まぁがんばって』

 

 

勇者『 なにそれ??』

 

 

友人『 だってもう幕張ったんでしょ?』

 

 

勇者『 うん』

 

 

友人 『じゃいいよ』

 

 

勇者『 なんかあんの?』

 

 

友人『 いや… 噂なんだけど… まぁいいや』

 

 

勇者『 なによ!?』

 

 

友人『 そのキャンプ場ってさぁ… 近くで水難事故とか自殺が多発したみたいで一気に人気なくなっちゃったらしいんだよ…  もう近々閉鎖するらしいぞ』

 

 

勇者『はっ? まじすか?』

 

 

友人『 い、いやぁ… 別にそのキャンプ場が自殺の名所って訳じゃないと思うから大丈夫だと思うけど… 今年も近くで若い女の人が亡くなってるらしいよ…』

 

 

勇者『ふぅ〜ん…』

 

 

友人『 大丈夫だからゆっくりしてきなぁ〜』

 

 

勇者『あ… はい。』

※会話の欄で勇者などと出しゃばった名前にしてしまったことを心から謝りたいm(__)m

 

 

 

 

 

 

 

 

驚愕した。

 

 

冗談抜きで驚愕した。

 

 

 

癒しを求め、癒されていたこの場所が… まさか…。

 

 

 

一気に恐怖心が襲ってきた。

 

 

 

一瞬で凍りついた。

 

 

 

今! まさに今! 自分がいるこの場所は…

 

 

 

 

 

 

 

 

心霊スポット!!!?

 

 

 

 

 

 

 

 

怖い!

 

 

 

 

 

 

 

 

怖い!

 

 

 

 

 

 

 

 

怖い!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なにをどうやっても怖い!!

 

 

 

以前記事にしたソロキャンプでの恐怖体験は銃声と野良猫からのスーパーリンチが主な相手だった。

 

 

 

だが今回の相手は違う!

 

 

 

今までとはまるで違う!

 

 

 

只者ではない相手。

 

 

 

なんてったって形の無い無形の相手だ。

 

 

 

ハンパでない強者! 誰も敵うはずがない霊長類最強の強者!!

 

 

 

その相手…

 

 

 

 

それは。。

 

 

 

 

 

 

 

 

THE  ゴースト👻!!

 

 

 

 

 

 


うわぁ…  幽霊って…。

 

 

 

僕は突然の恐怖に慄き、癒しの焚き火を一度やめテントの中へと潜り込んだのだった。

 

 

 

 

恐怖

 

 

 

友人から知らされた怖ろしい情報に翻弄され僕の精神は正気ではいられなくなった。

 

 

 

小さな物音や少しの微風でさえもハッとしてしまうほど極限状況に追い込まれていく。

 

 

 

もう撤収しようか。

 

 

 

このままここにとどまってはいられない。

 

 

 

どうしよう。

 

 

 

辺りを見渡すとこのフィールドには外灯がない。

 

 

 

全くない!

 

 

 

焚き火を消してしまうとこの場所に灯りはひとつもない。

 

 

 

完全なる

 

 

 

 

 

漆黒の闇

 

 

 

 

 


もちろんランタンは持参している。

 

 

 

 

でも怖い!

 

 

 

 

とにかく怖い!!

 

 

 

 

どうやっても怖い!!!

 

 

 

 

もし僕が本物の勇者であれば…

 

 

 

 

本当に勇者だったのなら…

 

 

 

 

絶対にあの呪文を唱えていただろう。

 

 

 

 

そうアレ…

 

 

 

 

 

 

 

 

みんな大好き!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ルゥーーーーーーーーーラァ〜🎵

╰(*´︶`*)╯

 

 

 

 

 

 

 

 

だがこの時はそんな冗談を言える状況じゃなかった。

 

 

 

逃げたい!

 

 

 

逃げたい!!

 

 

 

逃げ出したい!!!

 

 

 

一刻も早くここから!!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

誰かホイミをくれ!

 
 
 
 
 
 
誰か!!!
 
 
 
 
 
 
 
 
ホイミーーーーーーーーッ!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ヘルプミーーーーーーーーッ。゚(゚´Д`゚)゚。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
それでもなぜか動こうとしない自分がいた。

 

 

 

動かない、動きたくない、いや…動けないんだ。

 

 

 

なぜなら管理人が僕に告げたあの言葉。

 

 

 

 

 

 

『ゲートは閉めておきますので』

 

 

 

 

 

 

終わった…

 

 

 

もうここにとどまるしか方法はない。

 

 

 

大丈夫!

 

 

 

大丈夫!

 

 

 

絶対に大丈夫だ!

 

 

 

そう自分に言い聞かせ気持ちを落ち着かせることしか出来ないLv23の勇者がそこにいた。

 

 

 

 

強靭

 

 

 

友人からの電話で正気を失っていた僕も、時間とともに冷静さを取り戻しつつあった。

 

 

 

別に霊感がある訳じゃない。

 

 

 

今まで40年生きてきて一度だって幽霊を見たことがあるか??

 

 

 

心霊写真だって最近では高性能カメラになって写ったなんて話も聞かないし〜w

 

 

 

実際あんなのデタラメなんだよなぁ💢

 

 

 

なぜか強気の勇者がいた。

 

 

 

これでこそ勇者!

 

 

 

これでこそ選ばれし者!

 

 

 

俺は何も感じない!

 

 

 

俺は幽霊に出会ったとしても気付きやしないんだ!

 

 

 

 

 

 

 

自分でも驚くぐらいのメンタルを手に入れていた。

 

 

 

もうラスボスと戦える戦闘力があるのかもしれない。

 

 

 

そんな選ばれし勇者となったchakkanに更なる恐怖がやってきたのである。

 

 

 

 

来客

 

 

 

僕はテントで横になり、Amazonヘビーユーザーお決まりのAmazonプライムビデオを堪能する。

 

 

 

つまみを食べながらビールを呑み、ダメ人間さながらのグーダラ生活。

 

 

 

 

 

「あぁ〜 最高だぜ〜(=´∀`) 」

 

 

 

 

 

日常とは真逆とも言えるキャンプ特有の “スローライフ” が僕を癒してくれていた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すると!!

 

 

 

 

 

 


『すみません』

 

 

 

 

 

 

 

 


『…?』

 

 

 

 

 

 

 

 

『すみません』

小さな声で女性の声がした。

 

 

 

 


『 え?』

 

 

 

 

なぜだ!?

 

 

なぜここに人が来る!?

 

 

 

あり得ない!

 

 

 

あり得るはずがない!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

女性
『 すみませんが管理人さんはいますか?』

 

 

 

僕は黙った。

 

 

 

一言も発さない。

 

 

 

 

 

 

 

 

女性
『すみません』

 

 

 

 

 

 

 

 

怖い!

 

 

 

 

 

 

 

怖すぎる!

 

 

 

 

 

 

こんな状況でなければ無視なんかしない。

 
 
 
むしろ満面の笑みで
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『はぁ〜い』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そう応えるているはずだ。

 

 

 

だが今回は違う!!

 

 

 

無口

 

 

 

無言

 

 

 

これが取り調べなら

 

 

 

 

 

 

 

完全黙秘!

 

 

 

 

 

 

 

女性
『すみませんが管理人さんはどこにいるか分かりますか?』

 

 

 

明らかに僕のテントに向けて発している言葉。

 

 

 

つうか僕しかこのキャンプ場には人がいない。

 

 

 

僕は覚悟を決めた。

 

 

 

 

 

 

 


『はい、なんでしょう』

 

 

 

テントの中から応対した。

 
 
 
まぁ自分で言うのもなんだが、その年1番の凛々しい声で応えた。

 

 

 

 

 

 


『どうされましたか?』

 

 

 

 

 

この声は長崎県が生んだスーパースター! 福山雅治さんを彷彿とさせる百戦錬磨の凛々しい声。

 

 

 

 

 

女性
『これからキャンプやろうと思ってここに来たんですが… 受付出来ないので…』

 

 

 

 

 

あぁ… めんどくせぇなぁ…

 

 

 

だいたいこんな時間にこんな物騒なキャンプ場に来る女なんか異常だよ…

 

 

 

どうせ〇スだろう…
最低な人間の心の声であるm(_ _)m

 

 

 

 

僕はテントから出ようと決めた。

 

 

 

立ち上がり、フライシートのファスナーを開ける。

 

 

 

ゆっくりと開ける。

 

 

 

そして顔を出し、恐る恐る女性に目をやった。

 

 

恐る恐る、、でも冷静なフリをして。。。

 

 

 

 

 

 

極度の緊張と不安が襲う中。

 

 

 

ゆっくりと女性に顔を向けた。。。

 

 

 

 

 

 

 

 

その時僕の目に飛び込んできたのは!!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

とてつもなく美しい女性だった*・゜゚・*:.。..。.:*・'(*゚▽゚*)’・*:.。. .。.:*・゜゚・*

 

 

 

眩ゆいばかりの輝かしい女性。

 

 

 

絶世の美女。

 

 

 

世界三大美女に負けじとも劣らない美しい女性。

 

 

 

 

楊貴妃

 

クレオパトラ

 

小野小町

 

 

 

そして…

 

 

 

 

 

 

そこのちゃんねぇ〜だった。

 

 


安心した。

 

 

 

いや、むしろ幸せさえ感じた。

 

 

 

これが男という野蛮な生き物の性。

 

 

 

 

 

 


『あ〜 管理人さんなら明日の8時ぐらいまで来ないらしいですよ。 でも明日料金支払っちゃえば大丈夫じゃないですか?』

 

 

 

女性
『そうですか〜 じゃあ、やっちゃおっかな』

 

 

 


『うん、やっちゃいなよ』

 

 

 

女性
『差し支えなければ近くに設営しちゃっても良いですかぁ〜?』

 

 

 


『あ!全然いいよ』

 

 

 

女性
『はぁ〜い! ありがとうございます』

 

 

 


『なんかあったら手伝うからいつでも言ってね〜』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

完全に調子に乗ってしまった。

 

 

 

二言目にはタメ口をきいてしまう典型的オッサンの悪い例。

 
 
 
鼻の下は完全に伸びきっている、恐ろしいほどアホなオッサンだ。
 
 
 
もちろん調子に乗っていることに気付いてはいた。
 
 
 
だが、気付いていても止められい自分がいたのだ。

 

 

 

 

これは会社組織で言うならば、社長が不在の時の副社長の対応。

 

 

部長不在の時の課長。

 

 

課長不在の時の主任。

 

 

そんな感じ。

 

 

 

とにかく恐怖なんてものはもうどこかに吹っ飛んでいき、美しい女性と二人きり、しかも接近戦という現実に浮かれ、溺れ、のぼせ上がり、もうワクワクドキドキが止まらない勇者、いや、つうか最低のオッサンがいたのだ。

 

 

 

 

褒美

 

 

 

それにしてもこんな時間に女性一人でキャンプする人もいるんだなぁ

 

 

 

僕が若い頃は女性が一人でキャンプとかあり得ない時代だった。

 

 

 

女性は一人黙々と設営をしていた。

 

 

 

山岳用の簡易的なテント。

 

 

 

 

“本格的だなぁ”

 

 

 

 

そう思った。

 

 

 

薄暗い環境下で若い女性が黙々と設営している。

 

 

 

本当は手伝ってあげたい気持ちでいっぱいだった。

 

 

 

むしろ手伝わせてください!そんな気持ちでいっぱいだったがそこはグッと堪えテントにいた。

 

 

 

思い起こせば、仕事で疲れ果て何も出来なかった2018年の下半期。

 

 

 

趣味も遊びも一切できなかった。

 

 

生きるために仕事をしているのか、仕事をするために生かされているのかも分からなくなるほどの凄まじい生活。

 

 

 

女性と戯れるなんてことは夢のまた夢。

 

 

 

これは神が僕に与えてくれた褒美。

 

 

 

 

辛く険しい茨の道を耐えに耐えて耐え続けている僕へのささやかな褒美だ。

 

 

 

もちろんなにかある訳じゃない。

 

 

 

別になにも期待していない。

 

 

 

それでも嬉しいと思うのが男という低脳な生き物。
※世の男全員がそうではないがm(_ _)m

 

 

 

 

 

 

 

 

 

おぉ〜   神よ〜

 

 

 

 

 

 

あなたは僕を見捨ててはいなかった。

 

 

 

 

 

 

アーメン💓

 

 

 

 

 

 

女性は設営を終えテントの中に入り込んだ。

 

 

 

そして僕は、また焚き火を再開するのであった。

 

 

 

平穏

 

 

 

素敵な女性の登場で僕の心は穏やかになった。

 

 

 

いや女性が素敵だったからだけではない。

 

 

 

近くに人が居るという安心感。

 

 

 

ソロキャンプをやる度にいつも思う、人の有り難み。

 

 

 

人は独りでは生きていけない。

 

 

 

ありきたりな言葉だがそれを体感できる機会はなかなかあるものではない。

 

 

 

キャンプという不思議な遊びは本当に色々なことを学び体験できる。

 

 

 

焚き火を再開すると、またいつもの人生回想が始まってしまう。

 

 

 

揺れる炎を眺め癒される。

 

 

 

近くに女性がいることも忘れ、ボーッと。

 

 

 

ただひたすらボーッとしながら炎を眺めている。

 

 

 

と! そこにあろうことかとんでもない出来事が起こったのである。

 

 

 

 

 

なんと!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“焚き火一緒にいいですか?”

 

 

 

 

 

 

 


え?

 

 

 

 

 

 

 

えぇ?

 

 

 

 

 

 

 

えぇぇ?

 

 

 

 

 

 

 

えぇぇぇぇぇーーーーッ!!?

 

 

 

 

 

 

 

僕『もちろん( ͡° ͜ʖ ͡°)』

 

 

 

 

 

 

 

╰(*´︶`*)╯♡

 

 

 

絶頂

 

 

 

なんと女性が一緒に焚き火をやろうと言ってきたのである。

 

 

 

今まで生きてきてこんなサプライズがあっただろうか…

 

 

 

なんの取り柄もない。

 

 

 

ベテランキャンパーでもなければオシャレキャンパーでもない。

 

 

 

もちろん“勇者”なんていうのはブログ上での単なる架空の人物。

 

 

 

どこにでもいる普通のオッサン。

 

 

 

そんな僕に奇跡が舞い降りた瞬間だった。

 

 

 

女性は僕の焚き火場にチェアを持ちやってきた。

 

 

 

小さなテーブルとタンブラー片手に笑顔で。

 

 

 

満面の笑みで。。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

女性『失礼しまぁ〜す』

 

 

 

 

 

 

 

 

だって(#^.^#)

 

 

 

 

全然失礼なんかじゃない。

 

 

 

 

むしろ僕の方が失礼だなぐらいだ。

 

 

 

女性はチェアに座るなり今まで知り合いだったかのようにフランクに話す。

 

 

 

キャンプを始めたキッカケやお互いのキャンプスタイルについて。

 

 

共通の趣味から生まれる意外な融合。

 

 

世代や性別を超えて話は盛り上がる。

 

 

そこにやましい気持ちもセクハラチックな話題なども一切なくて、本当に同じ趣味を持つ者同士の尽きない話題がいつまでも続いた。

 

 

 

 

気が付けばソロキャンプを予定していた僕の食料や飲み物はみるみるうちに減っていく。

 

 

酒は進み、朝食用に残しておいた食べ物も二人で分かち合い食べる。

 

 

この時の僕を表現するならば。

 

 

間違いなくアレだろう...

 

 

 

 
 
 
 
 
知る人ぞ知る伝説のモンスターマシーン!
 
 
 
 
 
 
 
 
パチスロ八代将軍吉宗ばりの大盤振る舞いである。

 

 

 

 

 

絶やさぬよう燃やし続ける焚き火。

 

2人を繋ぐ大切な薪はどんどんと投下され、いつまでも続く焚き火トークに酔いしれ、まさに夢のような宴はその後も永遠と続けられていくのであった。

 

 

 

 

雪舞

 

 

 

楽しい宴。

 

 

 

幸せの刻。

 

 

 

見知らぬ女性と2人、話題が尽きないエンドレストーク。

 

 

 

女性は若くとても無邪気で光り輝いてみえた。

 

 

 

若さから放たれる神々しい光は、仕事で疲れきったオッサンとはまるで違う。

 
 
 
 
希望に満ちた大きなエネルギーを感じる。
 
 
 
 
本当に輝いていた。
 
 
 
 
一期一会の貴重な出会い。
 
 
 
 
貴重な体験。
 
 
 
 
 
 
 
 

ふと気が付くと何やら白いものが舞っている。

 

 

 

 

 

 

 

『なんだろう?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

雪だ。

 

 

 

 

 

 

 


女性『うわぁ〜  雪だぁ〜』

 

 


2人は夜空を見上げた。

 

 

 

 

真下から眺める大粒の雪はとても幻想的で、まるで綿毛のようにフワフワとゆっくりゆっくり僕らの元へ舞い降りてきたのである。

 

 

 

核心

 

 

 

幻想的な演出も相まってロマンチックな宴は続く。

 

 

時間は深夜2時を過ぎている。

 

周りに人がいれば絶対にやってはならない時間帯。

 

終わらないトーク。

 

 

この人は本当にキャンプが好きなんだと伝わる情熱。

 

 

 

正直、僕はここまでの情熱はないかもしれない。

 

 

それでも話を合わせようとする。

 

 

 

嫌われなくない、しらけさせたくないと守りに入る自分がいた。

 

 

男とはなんとも虚しい生き物だ。

 

 

 

 

 

 

すると女性がふと真面目な顔をして僕に問う。

 

 

 

話題が180度変わった。

 
 
 
 
 
突然だ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

女性『このキャンプ場の噂知ってる?』

 

僕『え?なに?なに? 知らない』

 

女性『そうなんだ。 なら知らない方が良いね』

 

僕『もしかして自殺の名所が近いってこと?』

 

女性『いや、近いんじゃなくて… ここが名所なんだよ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 

 

 

……………

 

 

 

 

 

 

 

 

 

えっ( ;∀;)?

 

 

 

 

 


僕『そうなの!!!?』

 

 

 

女性『正確に言うとすぐそこに滝があるんだけど、そこで水難事故が多発していて、、、でもこれは事故じゃないんじゃないかって噂』

 

 

 

 

 

周りはほとんど見えない。

 

漆黒の闇に焚き火の灯り。

 

周り20mほどしか見えない林の中。

 

確かに聞こえる川の音。

 

せせらぎ。

 

幸せなひと時は一変、恐怖のどん底へと突き落とされた瞬間だった。

 

 

 

 

 

 

 

 

だが僕の脳裏によぎるひとつの疑問。

 

 

ではなぜこの子はわざわざ自殺の名所であるこのキャンプ場に来たのか?

 

 

しかも完全に暗くなった夜に。

 

誰もいないこのキャンプ場で本当に1人でキャンプをやろうとしたのか?

 

 

 

 

 

 

僕『 そ、そうなんだ… よくそんなこと知っててこのキャンプ場に来たね、オレなら絶対来ないよ』

 

 

 

女性『だって… 今年の夏、この場所で私の友達が死んだんだ』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

……

 

 

 

 

 

 

 

………

 

 

 

 

 

 

 

…………

 

 

 

 

 

 

 

僕『 えっ(+_+)?』

 

 

女性『でも絶対自殺じゃない! 事故なんかでもないと私は思ってるんだ』

 

 

『だから今日、私は友達に会いに来たの!』

 

 

 

 

意味が解らなかった。

 

 

あまりにも物理的に無理な話過ぎて一瞬頭の中がハテナでいっぱいになった。

 

 

 

 

 

 

僕『会うって… 誰と?』

 

女性『冗談w  でもここに来れば何か感じるかなと思って』

 

 

 

 

 

 

彼女は少し笑いながら、でも表情は何処と無く鬼気迫った異様な雰囲気を醸し出していた。

 

今までの楽しい会話は一瞬で無くなり、一気にあたりの空気をも変えてしまうほど恐怖の会話がスタートしたのであった。

 

 

 

 

 

 

女性『友達は夢を持っていた、自分の趣味を活かした事業を来春には立ち上げるって言ってたのに自殺なんかするはずがない』

 

女性『その子もキャンプが好きでよくここのキャンプ場を使ってた、一緒に来たこともあるんだけど1人でも来る子だったんだ』

 

女性『こんなこと言うとアレだけど…』

 

僕『な、なに??』

 

女性『彼女はこのキャンプ場に来ると必ず設営する場所が…この場所なの』

 

 

 

 

 

 

 

 

(((o(*゚▽゚*)o)))

 

 

 

 

 

 

 

 

凍りついた。

 

一気に鳥肌が立った。

 

極度の恐怖心から言葉さえも失った。

 

 

冷静に考えてみるとなにがおかしい。

 

女性は亡くなった友達に会いに来たと言う。

 

美しい女性がこんなオッサンと焚き火をする。

 

それよりもなによりも、、、

 

閉めてあるはずのゲートをどうやって潜り抜けてきたのか?

 

車もなくどうやってこの山奥まで来たのか?

 

でも聞けない。

 

もしかしたらこの女性は…

 

 

 

 

 

 

 

 

幽霊なのか??

 

 

 

 

終宴

 

 

 

頭の中は疑念でいっぱいになった。

 

 

もう目の前にいる女性と冷静な会話が出来なくなっている自分がいた。

 

 

尚も続く彼女の話。

 

私には霊感がある。

 

私には見える。

 

彼女なりの推理。

 

 

 

もううんざりだった。

 

先ほどまでの可愛らしい愛くるしさどこへやら、今や彼女は霊媒師のようだ。

 

焚き火の炎が彼女を照らし、揺れる光がさらに恐ろしい表情を演出する。

 

今にも憑依しそうな魔女。

 

 

 

 

 

 

 

やばい! この人!!

 

 

 

 


僕『なんか今日は飲み過ぎたから、悪いけどオレ先に寝るよ。』

 

『適当に焚き火やってて良いから』

 

 

 

 

 

彼女は急にどうしたんだろうか。

 

やはりこの現象はおかしい。

 

どう考えたって出来すぎてる。

 

フランクに近寄ってきたかと思えば、急に亡くなった友人に会いに来たという。

 

口火を切ると止まらない友人への想い。

 

友人の死を絶対に受け入れようとはしない強い怨念。

 

気持ちは分かる。

 

だが見知らぬ人に恐怖を与えるほど訴え続けるのは非常識だ。

 

僕は1人テントへ戻り、震える身体を抑えることで必死だった。

 

 

 

 

安堵

 

 

 

 

その後女性は何度も何度も僕を呼ぶ。

 

 

 

 

『もう終わりですか?』

 

『私まだまだいけるんだけどぉ〜』

 

 

 

 

薪はなくなった。

 

食料も底を尽きた。

 

唯一残った飲み物はビール一本だけ。

 

朝を迎えればもう飲んではいけない飲み物がたった一本だけ。

 

全てを失った八代将軍chakkanがいた。

 

楽しいはずのソロキャンプは謎の女性の登場で最悪の展開へと突き進むのであった。

 

あまりの恐怖にどうして良いのかわからない勇者、いや将軍chakkanがいた。

 

もうテントからは出ないと決めた。

 

その後は呼ばれても一切応えることをやめた。

 

シュラフに潜り、こぼれ落ちるため息が、どこか自分の人生を象徴するかのように虚しく思えた。

 

すると不思議なことに無意識のうちに寝ていた。

 

疲れていたのだろう。

 

恐怖心というよりも女性から解放された安堵感が優先して眠りにつけたのか。

 

 

一瞬で、目を瞑った一瞬で、どこか遠くの夢の世界へと深く深く堕ちていったのである。

 

 

 

 

神隠

 

 

 

朝になり僕は目が覚めた。

 

異様に静かな朝だった。

 

 

時計を見ると朝10時。

 

 

予想以上に爆睡してしまった。

 

 

 

僕『いやぁ〜 寝すぎたなぁ… でも無事で良かった』

 

 

 

明るくなってしまえばもう怖いものなど何もない。

 

もう強気の勇者chakkanがいる。

 

だが瞬時に感じた嫌な予感。

 

テントの下周りに一切の光が入ってきていない。

 

 

 

 

 

もしかして!!?

 

 

 

 

 


フライシートを開けようとすると重みがある。

 

まさか!!?

 


大雪がキャンプ場を襲ったのである。

 

幕内から雪を蹴り散らし強引にファスナーを開けると、もう目も開けられないほどの銀世界がそこにはあった。

 

一夜にして膝上までの積雪。

 

これこそまさに経験したことのない雪。

 

周りにあった凹凸は雪となり、全てが銀の世界に染まるありえない光景。

 

冷静に見れば幻想的で最高の景色。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕は女性が建てたテントの方を見た。

 

 

 

 

すると…

 

 

 

 

 

 

 

 

いない。

 

 

 

 

 


跡形も無く居なくなっている。

 

そこに誰かが居た形跡すらない。

 

 

 

夢か現実か…

 

 

 

山奥に一人、大雪の中一人、見渡す限り銀の世界にたった一人で僕は…

 

残された。

 

 

 

 

 

遭難

 

 

 

 

こんな極限状態に陥ったとき、みなさんならどう対処するだろうか?

 

僕はテントに被る雪を払い、場所の確保をするため簡易的に雪掻きをする。

 

車は下半分が隠れるほどの大雪。

 

例えどんな車であろうともう動ける状態にない。

 

冷静に考えてみれば8時に来るはずのオーナーも来ていない。

 

昨日まで一緒にいた女性もいない。

 

頭をフル稼働させた。

 

もう一泊するしかないのだろうか?

 

だが雪は降り続いている。

 

僕の町では考えられないほど大きい雪の粒。

 

見る見るうちに積もる…雪。

 

そしてあることに気付かされる!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

食べ物も飲み物も、暖をとる薪も、全てが…  ないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


とりあえず妻に電話をする。

 

僕『今大雪に見舞われて身動きが取れないんだ』

 

妻『はッ? それヤバいじゃん! どうすんの!?』

 

僕『いや…どうにもなんないよ… 食料も飲み物もなくなっちゃったし… 薪も全部使っちゃった』

 

妻『えぇーッ! どうしようね??』

 

僕『とりあえずもう少し考えてみてあとで連絡するよ』

 

妻『分かった! つうかなんで食べ物とか全部食べちゃったの?  いつも余して帰ってくるくせに? 普通朝の分くらいは残すよね?』

 

僕『そ、そ、そうなんだけどさぁ… な、な、なんか勢いでぜ、ぜ、全部食べちゃったのよw』

 

妻『バカだねぇ! とりあえず最悪は警察に電話してみるしかないよ。  私の方も動いてみるから待ってて!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

言えなかった…

 


僕のために懸命に動こうとしてくれている優しい妻に、昨夜若く美しい女性と一晩楽しい宴を繰り広げたなんて…

 

調子に乗って八代将軍吉宗ばりに大盤振る舞いをして食べ物も飲み物も全部あげちゃったなんて…

 

 

そんなことは口が裂けても言ってはいけないと最高学歴高卒の僕でも察した。

 

 

 

 

 

それにしても自然は恐ろしい。

 

これからどうしようか…

 

今夜一晩泊まるにはあまりにも厳しい条件。

 

早く家に帰りたい!

 

 

早く子供に会いたい!

 

 


早く、、、家族の元へ帰りたい。

 

 

 

 

 


もう警察に電話をしよう。

 

いや、待て!

 

その前に建設会社の社長をやっている友人に助けを呼んでみよう。

 

その友人こそが前日に電話をかけてきた張本人だ。

 

 

 

 

 

僕『もしもし、SOSです』

 

友人『そっち雪凄いべ!?』

 

僕『ハンパじゃないよ! まじで助けてもらわないとヤバいかも』

 

友人『分かった! これから許可もらってそっちに向かうから!』

 

 

 

 

 

 

 

安心した。

 

本当に安心した。

 

頼もしい友人がいてくれて幸せだと思った。

 

こんなにも勇敢で迅速な対応してくれる友人に自然と涙がこぼれ落ちた。

 

溢れる涙を止めることが出来なかった。

 

 

 

 

降り続く雪に天を仰ぎ、大粒の雪と止まらぬ涙で僕の顔はグシャグシャになった。

 

 

 

 

何歳になっても変わらぬ友人。

 

一家の大黒柱として、多くの従業員を雇う会社の長として、本当に素晴らしい人間だ。

 

故郷を離れ雪深い東北の地に開業した友人。

 

僕のようなサラリーマンとは背負うものが違う。

 

家族だけではない、多くの従業員を食べさせていかなくてはならない大きな責任。

 

そんな大きな重圧を背負いながらも何食わぬ顔で接してくれている友人は本当に偉大な人だ。

 

 

 

 

 

友人からの救助に一縷の望みを託し、異常なまでの銀世界の中一人、その時を待つのであった。

 

 

 

 

救助

 

 

 

それから1時間ほどが経過したころだろうか、友人から電話が鳴った。

 

 

 

『許可降りたからこれから向かうわ!』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“ありがとう”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

心からありがとうが零れ落ちた。

 

本当に感謝の気持ちでいっぱいだ。

 

重機を動かすのだってタダではない。

 

この大雪の中、僕を助けるためだけに険しい道を突き進んでくれる。

 

 

 

 

 

 “本当にありがとう”

 

 

 

 

 


薪もない、食べ物ない、あるのはスノーピーク ギガパワーストーブ “地” だ。

 

クッカーに周りの雪を詰めてギガパワーストーブで熱する。

 

たちまち雪は溶け、少しずつ水になる。

 

湯気が出てお湯になり、温かいぬくもりを感じる。

 

野営キャンプさながらのサバイバルゲーム。

 

テントよりかまくらの方が温かいのではないか?

 

そんなことを思いながら、、お湯を呑む。

 

美味しかった。

 

 

 

 

その後も身体が冷えてはお湯を呑み、冷えてはお湯を呑む。

 

じっとしながら友人を待つ。

 

そのうち周りが騒がしくなってきた。

 

深々と降り積もる雪の中、何処からともなく聴こえるディーゼルエンジンの豪音。

 

 

 

 

 

 

 

来た!!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

友人が2人の従業員を引き連れ救出に来てくれたのである。

 

外から施錠された簡易的なゲートを開放してくれて僕はようやくキャンプ場を出ることが出来たのだ。

 

 

 

 

 

生還

 

 

 

 

友人は笑っていた。

 

 

従業員の方も笑っていた。

 

 

僕含め4人は大声で笑った。

 

 

 

なぜだろうか… 込み上がる感情とは裏腹に、笑いが止まらなかった。

 

 

腹筋が割れるほど笑いが止まらない。

 

 

 

 

それにしてもなぜだろうか?助けに来てくれた3人の笑い方は異常だ。

 

 

なぜこの人たちはこんなにも笑っているのだろうか??

 

不思議だった。

 

友人は温かいおでんを持ってきてくれていて食べさせてもらった。

 

その味は今でも忘れない。

 

究極のおでん

 

 

 

 

 

 

 

 

 

“美味しかった”

 

 

 

 

 

 

 

 

 

気持ちが落ち着き冷静な自分がいた。

 

 

何度も何度も頭を下げ、友人含め従業員の方にお礼を言った。

 

そして友人の会社まで案内してもらったのである。

 

 

 

 

悪巧

 

 

 

 

友人の会社に到着すると僕はつかさず昨日の出来事を話した。

 

 

不思議な女性が現れて僕と共に一夜を過ごしたこと。

 

友人の電話から恐怖に陥った話。

 

 

女性の友人が亡くなったって話。

 

 

ドラマチックな女性との共同キャンプ。

 

 

 

人間は愚かな者で少し話は盛りながら面白おかしく話してしまう。

 

 

 

 

 

 

すると友人が笑い出しこう言う。
 
 
 
 
友人『ずいぶん楽しい思い出が出来たみたいでよかったね』
 
 
 
 
 
 
 
 

すると僕の背後にあった社長室の扉が開いた。

 

 

開いた音と同時に僕は反射的に後ろを振り返り、一瞬で身体が硬直したのである。

 

 

 

 

 

 

 

目を疑った!

 

 

 

 


頭の中が混乱に陥った。

 

 

 

 

 

 

ドラクエでいうメダパニを呪えられた状態。

 

 

そこには女性が立っていた。

 

 

 

 

 

 

美しい女性。

 

 

 

 

 

 

なんと昨夜一緒にキャンプをした美しい女性がそこにいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼女は妖艶な顔で僕を見る。

 

少し笑みを浮かべながら僕を見る。

 

僕は友人を見た。

 

友人は腹を抱えて笑い出した。

 

 

女性は手を広げこう言った。。

 

 

 

 

 

 

 

 

『トゥットゥルー』

 

 


『ドッキリでしたぁ〜』

 

 

 

 

 

 

 


僕はまだメダパニにかかっているのだろうか?

 

頭の整理が全くつかない。

 

なぜここに、なぜ友人の会社にこの人がいるのか?

 

 

 

 

 

友人『この人うちの従業員w』

 


僕『はッ?』

 

友人『お前がソロでやるとか言ってるから寂しいだろうと思ってうちのかわい子ちゃん派遣してやったのよぉ〜』

 

僕『え?』

 

友人『この子もキャンプ好きでしょっちゅうソロキャンやってるからさ、俺の友達1人でキャンプやってるから行ってみなっめ言ったんだw』

 

女性『ごめんなさい、騙しちゃって〜w』

 

僕『え?なにが? …っすかぁ?』

 

女性『あのキャンプ場が神霊スポットとか、私の友達が亡くなったとか全部ウソですぅ〜   社長が作り話してこいって言うから👏』

 

僕『そ、そ、そうなんだぁ…』

 

友人『いやぁ〜 笑ったぁ〜』

 

 

 

 

 

 

どうやら昨日キャンプ場まで送迎したのは友人だったらしい。

 

僕が寝た後、あまりにも雪が積もり出したから社長である友人に電話をかけ迎えを呼んだらしい。

 

その時女性は僕を起こそうとしたが、友人が明日助けに行くから大丈夫だといい放置したのだと伝えてきた。

 

 

 

 

全ては友人が作り上げたシナリオに僕はまんまとはめられたのだある。

 

 

呆れるほど完璧なシナリオ。

 

 

バラエティー番組さながらの完全ドッキリ。

 
 
 
呆れ果て、頭の中は軽いメダパニ状態ではあるが、なんか笑えた。
 
 
 
 
本当に笑った。
 
 
 
 
狂ったように笑えた。
 
 
 
 
そこに怒りなど微塵もなく、心の底から笑った。
 
 
 
 
 
 
 
全てがウソだったと知り僕は安堵したのだ。
 
 
 
 
 
 
友人と僕、そして従業員である無邪気な女性3人で笑い、昨夜の爆笑トークでまた花開いたのである。
 
 
 
 
 
 
 

青春

 

 

 

 

夕方になり雪も止んだ。

 

雪国は除雪車が充実していて降り積もる雪をもろともせず道は開ける。

 

 

友人と女性に別れを告げ、僕は友人の会社を後にした。

 

 

友人の悪巧みに翻弄され、女性の巧みな話術に乗せられて、踏んだり蹴ったりだった僕のソロキャンプ。

 

友人はいつまでも変わらないでいた。

 

お互い変わったのは容姿だけ。

 

いつの間にかシワが増え、いつの間にか白髪が増えて、身体もぷっくらと丸くなってきた。

 

 

でも心はいつまでも少年のまま。

 

 

 

 

お互い心は少年のままなんだ。

 

 

 

 


そんな事を思いながら僕は自宅への帰路を急いだのである。

 

 

 

 

 

現実

 

 

 

 

 

僕は自宅へ着いた。

 

また明日から厳しい現実が待っている。

 

非現実的な世界から現実の世界へと身を置く。

 

今回経験した超怪奇的な現象や遭難さながらの危機的体験は本当に恐ろしいものだったが、また一つ貴重な経験を積み、また一つ人間として大きくなれた気がした。

 

危険はいつどこでやってくるか分からない。

 

僕は改めて感じた。

 

自然に身を置いた時、人は常に細心の注意を払わなければならないのだと。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

僕はこの経験で間違いなく…

 

 

寿命が推定3年は…

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

縮んだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、、またハニートラップにかかりたいとちょっぴり思う気持ちは… ナイショ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


アンビリーバボー!

 

 

 

 

 


では。

ブログランキングに参加中です。
よろしければポチッとお願いします。

カメラランキングを見る