間違いない! やっぱり神レンズだった!!XF35mm F1.4をX-T30 で使ってみての感想

カメラ
 

みなさんこんにちは。

 

キャンプ時々カメラのchakkanでございます(*´꒳`*)

 
今回はXF35mm F1.4という単焦点レンズを購入して4ヶ月ほど使用しましたので使用感レビューをしていこうと思います。
 
 

まぁ言っても僕みたいな専門知識の少ないカメラマンが背伸びしてもXF35mm F1.4の魅力は伝わらないだろうと思ったので、たまにはドラマ仕立てでみなさんに! 多くの方にXF35mm F1.4の魅力が届くよう伝えていきますので、ぜひ最後まで読んでください。

 

それではCR XF35mm F1.4物語スタート!!👈パチンコか!(^^)!

 

 
 

数あるフジノンレンズの中において『神レンズ』と称されるレンズは幾つか存在する。

その中でも一際大きな輝きを放つ圧倒的存在の神。

 

誰が “神” の称号を与えたのかは不明だが、たしかにそこにいる偉大な神。

 

手の届かぬ存在じゃない。

 

我々一般庶民にも手の届く本当に近い場所で。

 

 

間違いなく神は存在した。

 

XF35mm F1.4 スペック

 
 
 
 
型番 XF35mmF1.4 R
レンズ構成 6群8枚(非球面レンズ1枚)
焦点距離 f=35mm(35mm判換算:53mm相当)
画角 44.2°
最大口径比(開放絞り) F1.4
最小絞り F16
絞り形式
羽根枚数
7枚(円形絞り)
ステップ段差
1/3ステップ(全22段)
撮影距離範囲
標準
0.8m~∞
マクロ
28cm~2.0m
最大撮影倍率 0.17倍
外形寸法:最大径×長さ(約)
※先端よりマウント基準面まで
ø65.0mm×50.4mm
質量(約)
※レンズキャップ・フード含まず
187g
フィルターサイズ ø52mm
略称 F XF35MMF1.4 R
 
出典:富士フイルムHPより
 
 
 
いかにもAPS-C用単焦点レンズといったところだろうか。
 
 
このスペック表に神らしきオーラは感じない。
 
 
 
 
 

初号機XF35mm F1.4

 
 
XF35mm F1.4Xシリーズ誕生と同時期から発売されているいわゆる第一世代
 

AF遅し、防塵防滴非対応、手ブレ補正非搭載という、絵に描いたようなコテコテの初号機。

 
 
 

そんなの買えない。

 
 
 

そんな化石みたいなレンズ…買えるはずがない。

 
 
 
 
 
敬遠していた。
 
 
 

ずっと敬遠してた。

 
 
 
 
 
前玉が前後に動く懐古な動き。
 
 
露骨に聴こえるヤバい駆動音。
 
 
防塵防滴非対応では安心して使えない。
 
 
ボディにもレンズにも手ブレ補正がない。
 
 
 
 

ヤバイ!やばい!!

 
 
 
 
 

 
 
怖い!こわい!!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『 どんだけぇ〜ーーーッ!! 』
 
 
 
 
 
 
 

僕がカメラを始めた当初FUJIFILMのミラーレスカメラはマニア向けという印象。

 
 
 
 
外観は嫌いじゃなかった。
 
 
 
 
でも抵抗があるメーカー。
 
 
 
 
他社とは明らかに違う雰囲気。
 
 
 
 
僕の中でXF35mm F1.4も全く同じ類に感じていた。
 
 
 
そんな、絶対に買ってはいけないレンズと思い込んでいた僕の脳みそに突如飛び込んできた驚くべき噂。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『初号機たちが現代の性能と変わらないぐらい普通に使えるらしいよ、あのカメラだと』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
遂に現れたリーサルウェポン
 
 
 
 
XF35mm F1.4のポテンシャルを最大限に引き出してくれるというリーサルウェポン。
 
 
 
 
 
 
 
それが、、、
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
X-T30だ。
(この辺でPERFECT HUMANを流してほしい♪)
 
 
 
 
 
 

神降臨

 
 
 
半信半疑で僕は家電量販店へ向かった。
 
 
 
 
 
所狭しと並べられた大量のカメラ。
 
 
 
 
 
そこにポツンと置いてある。
 
 
 
 
 
X-T30
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“エントリー機であるこいつが本当にXF35mm F1.4を自在に操れるのか?”
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
店員さんに声をかける。
 
 
 
 
 
 
『すいません、X-T30と35mm F1.4の組み合わせで使わせてください』
 
 
 
 
 
 
 
店員さんに手渡され、後にゴールデンコンビとして活躍することとなる黄金のカルテットが僕の手に渡った
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
カメラを自分好みの設定に調整する。
 
 
 
 
 
 
 
ファインダーを覗く。
 
 
 
 
 
 
 

XF35mm F1.4にて撮影

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
何を撮ろうか被写体を定める。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そしてシャッターを半押し。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ピピッ!
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
一瞬だった。
 
 
 
 
 
 
ボヤけた映像は一瞬にして被写体を捉え、超が付くほどクリアな映像へと変わった
 
 
 
 
その後どこへピントを合わせようがストレスなど微塵も感じない。
 
 
 
 
それぐらい快適に、劇的にXF35mm F1.4を変えた。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
元々定評のあるレンズ。
 
 
 
 
ユーザーからは神と崇められているレンズ。
 
 
 
 
そこへ現れた一台のリーサルウェポン。
 
 
 
 
この2つが相まった時、間違いなく神は降臨したのである。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
はい、もちろん言いましたよ。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
『オレ』
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
”買います!!!”
 
 
 
 
 
 
 

XF35mm F1.4にて撮影

 
 
 
 
 
 
 

考えるな!感じろ!!

 
 
 
 
機能性にフォーカスするならばXF35mm F1.4は決して最新のレンズと肩を並べるほどのパフォーマンスはない。
 
 
 
 
AFもストレスこそ感じないが、最新のレンズには到底及ばない。
 
 
 
 
駆動音だって消えた訳ではない。
 
 
 
 
 
 
 
 
ただ、写し出された絵にはいつも心を奪われてしまう。
 
 
 
 
 
 
写真を撮っているだけで楽しい気持ちになる。
 
 
 
写真を撮りたいと心から思う。
 
 
 
解像度がどうとか、AFがどうとかじゃない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
僕はただ…  このレンズが、、好きだ。
(この辺で天気の子の主題歌を流してほしい♪)
 
 
 
 
 
 

XF35mm F1.4にて撮影

 
 
 
 
 

最後に

 
 
 
 
XF35mm F1.4というレンズは本当に不思議なレンズである。
 
 
 
 
単焦点レンズ特有の明るいF値は当たり前。
 
 
 
 
F値を開放付近まで開けて被写体を写し出せば、当然背景は綺麗なボケを演出してくれる。
 
 
 
 
 
ただそれは何もこのレンズに限ったことではない。
 
 
 
 
 
世にある多くの単焦点レンズは同じ演出をしてくれる。
 
 
 
 

XF35mm F1.4にて撮影

 
 
 
 
ズームレンズでは出せないゴージャスな写りこそが単焦点レンズの存在意義
 
 
 
 
 
 
 
でもこれほどまでに魅せられたレンズは正直言ってない。
 
 
 
 
 

 

XF35mm F1.4にて撮影

 
 
 
 
 
 
XF90mm F2.0も素晴らしいレンズ。
 
 
 
 
 
 
 
 
でもXF35mm F1.4ほどの偉大さは感じない。
 
 
 
 
 
ではなぜこんなにも心を奪われてしまうのか?
 
 
 
 
 
それこそが本当に謎なんです。
 
 
 
 
 
 
“頭で考えても仕方ない、感じるんだ”
 
 
 
 
 
 
 
XF35mm F1.4
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
間違いない。
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
あなたは、紛れもない
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
“神” だ。
 
 
 
 
 

XF35mm F1.4にて撮影

 
 
 
 
 

おまけ

以前僕はXF35mm F2.0を愛用していた。

それはそれで満足していました。

安定のフジノンレンズ XF 35mm F2.0 レビュー

2018年3月7日

いずれこの件に関しての記事を書きたいと思います。

 
 

では。
 

ブログランキングに参加中です。
よろしければポチッとお願いします。

カメラランキングを見る