ソロキャンパー必見!! エアーマットならこれ!! NEMO(ニーモ・イクイップメント) コズモ 3D ロング ワイドが最高な話

アウトドア
 みなさんこんにちは。
キャンプコンパクト化計画実施中の底辺キャンパーchakkanでございます。

今回ご紹介するギアはこちら『NEMO(ニーモ・イクイップメント) コズモ 3D ロング ワイド』というエアーマットです。

これ、はっきり言って素晴らしいです

それこそ控えめに言って買った方が良いです

もっと、本当にもぉ〜っと控えめに言っても今買った方が良いです🤫

では、これほどまでに底辺キャンパーのワタクシがオススメするスリーピングギアNEMO(ニーモ・イクイップメント) コズモ 3D ロング ワイドを開封画像を交えながらご紹介したいと思います!

スポンサーリンク




まえおき

いきなりですが、、

思い返せばキャンプを始めた当初、店員さんから言われたあの言葉、、、、、

『最終的には小型で簡易的なギアに落ち着くものですよ』

大型ギアでオラオラを企んでいたワタクシには戯言(たわごと)にしか聞こえなかった。

そんなの負け犬の遠吠えだぜ!!

 

≪心の声≫

 

『何言ってんだ、このガキやぁ“(-“”-)”

 

『いい年こいて貧乏人みたいなキャンプできっかよ(-_-メ)

『俺様は優雅なキャンプをやんだよぉ!  あ”ぁ!!(-_-メ)

 

 

一言でキャンプといっても様々なタイプがありますので、一概に何が良いとかないですよねw

 

 

 

まぁそれにしても最低な人間だった、、、m(__)m

 

今僕は!いかに簡易的、でも快適にキャンプを楽しんでいこうかと模索中です(^^♪

先輩の言葉がいかに大切で的をえているのかを痛感中の今日この頃です。

皆さん!なにかアドバイスが教えてください。(^^)/

NEMO(ニーモ)

まず初めに、NEMOというブランドは、『物事を忘れないようにペンなどで記録する為のとても大切…って』それはMEMO(メモ) やないかぁ〜いヽ(*´∀`)
す、すいません。 では、、NEMOとは『お魚の親と子がはぐれてしまい、親魚が子魚を助けに行くという壮大でスペクタクルなストーリー… 』ってそれはファインディングニモやないかぁ〜いヽ(*´∀`)
とまぁ茶番はここまでにしておいて、NEMOとはアウトドア大国アメリカで創業されたアウトドアメーカーです。
あまり詳しいことは分からないので、某有名ブログサイトを貼り付けておきますね(*´꒳`*)←わからんのかい💢
日本でも有名なイワタニ産業が日本の代理店をやってるんですかね🧐←やっぱり分からんw
まぁ主に山岳用のギアに力を入れているメーカーなんですかね。

スペック

スペック表
・本体重量
970g
・幅
64cm
・長さ
193cm
・厚さ
9cm
・収納サイズ
27×φ12cm
・参考使用温度
2 〜 7℃
・素材
75D PUポリエステル
・付属品
専用スタッフサック、コンプレッションストラップ、リペアキット
こんな感じ。

NEMO(ニーモ・イクイップメント) コズモ 3D ロング ワイドを開封してみよう

まずはこれ。
収納された状態はこんな感じ。
マジックテープのバンドで締められています。
 ちなみにこれが収納袋です。
海外製の収納袋の特徴なのか、サイズには余裕があって収納し易いのがありがたい。
けっこう日本製のシュラフの収納袋ってぱっつんぱっつんなのが多くて、せっかく簡易的な仕様に作られていても収納するのに四苦八苦することが多くて本末転倒なときがありません??
広げてみるとこんな感じ。
部屋が狭くて画角に収まんなかったw

スノーピークエアーマットとの比較

僕が今まで愛用していたエアーマットはスノーピーク製品であるグランドオフトンに付属されてきたエアーマットでした。
これはこれでシュラフ、エアーマット共に本当に素晴らしい商品ですし、寒いシーズンになればなるほど効果は絶大で、本当に重宝していました。
でも、、、でもですよ。
もうね、とにかくデカイ!
ソロならともかく、数人でキャンプってなったら車に載らないでしょう(+_+)
そもそもスノーピークはコンパクトにしようというプランは他メーカーに比べるとあまりないと思うんです。
それが悪いという訳ではありませんよ。
元々日本でオートキャンプの発祥? もしくは富裕層がキャンプを始めるようになった火付け役がスノーピーク社の影響だと聞いたことがあります。
そのことを踏まえるとスノーピークの戦略は間違えてはいません。
車でサイト脇に横付けできるなら多少の重さや大きさは苦になりませんよね。
スノーピーク製品は軽量コンパクトなんて思考はどこにもなくて、とにかく頑丈、安定、高スペックという傾向です。
まぁそもそも山岳用ギアと比較する僕が一番陰険で最低の漢なんですがねm(_ _)m
とにかくサイズ、重さの違いには驚きますよ。
 スポンサーリンク




 

コンパクトだけど快適

本来なにかを求めるとなにかが犠牲になることが多いですよね?
要はトレードオフってやつ。
例えば、コンパクトなマットは持ち運びは便利だけど快適性が悪い。
全く違う話だけど、PCもデスクトップとノートでも同じ値段であればスペックの違いは歴然ですよね。
大きい=高機能高性能 でも重い 嵩張る
小さい=低機能 低性能でも軽い持ち運びが楽
簡単に言えばこんな定説があると思うんですよ。
でもこのニーモのマットは小さいけど高機能高性能で快適性も抜群なんです。

ポンプが内蔵している

僕がこのマットを買おうと決めた一番の理由がこのポンプ内蔵ということ。
スノーピークのエアーマット始め多くのエアーマットは外付けのポンプを使用するか、付属の収納袋がポンプとなりエアーを注入するわけです。
出典:スノーピークHPより
まぁこれがめんどくさい(>_<) 
テントの設営がやっと終わったと思ったら今度はエアーマット膨らませてさぁ… もう夏なんかやってらんないでしょ(T . T) 
エアーマットは手間はかかりますが寝心地がいいので絶対に外せないし、でも膨らませるのが大変だして八方塞がりだったんすよ…。
軽量コンパクトの代表格であるサーマレストのマットは… 何となく抵抗があって…🤭
ところがこのファインディングニーモはそれを改善してくれたヽ(*´∀`)
だって…ポンプが内蔵しちゃってんだもん╰(*´︶`*)╯
足でバンバン踏んでやればいいんすよ!!
数年前にヒットした小島よしおさんの『そんなの関係ねぇ〜』って言いながら踏むだけです✨
もうどこに不満がありますか(*´꒳`*)?
しかもこれ裏技があって、下の画像にあるエアー抜きの穴からブロアで一気にエアーを送り込んであげれば、あとはほんのちょっと調整してあげるだけでパンパンになっちゃうんだと〜 
もうどこに不満がありますか(*´꒳`*)?
といってもブロア持ってないけど(T . T)
お金貯まったら買う予定ですw

機能性と快適性を備えた最強設計

このマットを見てください。
真ん中が凹んでいるんです。(↑画像では見づらいですね(^-^;)
これは寝返りを打っても落ちないよう工夫されています。
もし寝てる最中にコットから転落したらドッキリかけららたのかなってぐらいビビりますよねw
そんなこともあろーかとちゃんと作ってますよニーモはヽ(*´∀`)
しかも厚みもあって本当にフッカフカです。
もうどこに不満がありますか(*´꒳`*)?

収納時のコンパクトさには驚き

行き着くところはここですね。
今ギア全体を小型化に向けて進めているワタクシにはこのコンパクトさこそが最強の証。
このiPhoneXと比較してみてください!
もうどこに不満がありますか(*´꒳`*)?

最後に

いかがだったでしょうか?
このマットを見つけた時は本当に嬉しかったです✨
今まではとにかくエアーマットを膨らます工程がおっくうで、いつもキャンプをやる度に頭を抱えていた作業が一瞬で終わり、より快適に、よりコンパクトになるこのファインディングニモをどうぞお試しあれヽ(*´∀`)
 スポンサーリンク




 

では。

ブログランキングに参加中です。
よろしければポチッとお願いします。

カメラランキングを見る